松山ケンイチさん、舞台挨拶in札幌

今日はタイトルどおり、
お待ちかね、松山ケンイチさん主演の
『ウルトラミラクルラブストーリー』
の舞台挨拶。

着ていこうと思っていた真っ赤なドレスは
クリーニングが間に合わず、結局いつもの地味な服装で行きました。

b0176369_0171261.jpg

会場では、松ケンにあてた寄せ書きが、ファンの方によって用意され、
もちろん、一緒に行ったkanaさんや、ケイクリンさんともども記入。

写真の大きな一枚の布に書かれたメッセージが
松ケンに届くのであります!

そして、時間になり、席に着くと、
なんと私の席、前から2列目の端の席だったのですが、
一番前は誰も座らない席で、実質最前列!
まぁ、どうしましょう。それに、丁度舞台に上がる際に目の前を通るらしい・・・。

きゃあぁぁ~!この時点で、貧血起こしそうになりました025.gif





で、お時間になり、お待ちかね、松山ケンイチさんと、監督の横浜聡子さんの登場です。
司会の方に呼ばれて登場したのは、なんとまぁ、
光り輝くオーラに包まれた、美しい青年。
私はその光景を見たとき、思いっきり鼻血を出して倒れてしまいました。
スタッフに抱きかかえられ、医務室へ運ばれまして。
そのままベッドの上で休んでおりました。
すると、そこへ、挨拶を終えた松ケンさんがいらして、
「ボクのせいで鼻血出しちゃったんですよね、心配です」と駆けつけてくださいました。
「いえいえ、とんでもない、コチラのほうこそ、ご迷惑をお掛けして・・・」
で、とんでもないことに、松ケンさんから
「何かあったら心配です。でも僕もう行かなくてはいけないので。
とりあえずあなたのメールアドレスを教えてください」
とご自分の携帯の赤外線の受信を・・・・

とココまでは、得意の妄想でして・・・。
で、実際は、

呼ばれて登場したのは、
地味で、不機嫌そうな青年(緊張してたんだねぇ)と小柄な女性!!
第一印象、オーラまるで無し(ごめんねえ)、ほんとに普通のシャイな青年なのですねぇ。
で、「北海道で食べたものは?」→「今日はシマホッケを食べてきました」
「好きな食べ物は」→(牛丼!とのヤジにもめげず)「牛丼も好きですが、ジンギスカン好きです」
などと、とてもいい人ぶりを発揮したご発言。
そして、途中、司会者の質問にマイクを口元に近づけずにしゃべりだし、
「マイクマイク!」と観客に注意されたり、
「映画の中で土に埋まるシーンがありましたが、どうでした?」(たしかこんな質問だった)
と聞かれ、鼻で「フッ」と笑ってみたりして・・・。
わずか15分程度でしたが、松ケンさんのシャイなところを十分堪能しました。

で、続いて映画。

松ケンいわく、「ラブストーリーという枠にとらわれない作品です」
との事でしたので、そう思ってみておりました。
それはそれは、笑いの連続。
ラブストーリーの枠を超え、ファンタジー、そして、ホラーなども
登場してしまう、そんな映画でした。
公開前なので、内容はナイショにしておきますね。

とにかく、ラストは衝撃です。
そこをどう感じ取るかは・・・・・・ってことで。

舞台挨拶ではあんなにシャイで普通の青年が、
いざ演技するとすごい!別人!
やっぱ、松ケンはすごい俳優なんだなぁと感動。

そして、もうひとつ。
画像の寄せ書き、舞台挨拶が終わり、そでへ引けてゆく松ケンは、
マネージャーさんに取りに行くよう指示。
そして、マネージャーさんがその寄せ書きを無事受け取り、
見ていた私たちは、
「ちゃんとファンの気持ちを大切にしてるんだ!」とさらに感動!



帰り、ケイクリンさんのマイミク、jackさんとあやさんと5人で
遅い晩御飯をしっかり食べ、松ケン話に花が咲き、
年代こそ違いますが、共有できるもがあると言う事で
たいへん楽しく過ごしました。
今日も大いに笑って、楽しかった~。

帰り、JRの中で、ひとつ前の駅で降りようと席を立つ私を、
「まだだから」とひきとめてくれたkanaさん、ケイクリンさんありがとう!
一人だったら、間違いなく降りてましたわ。
[PR]
by manmari-tadx | 2009-05-14 01:01 | あいらぶ松ケン!
<< 旭ケ丘若妻会 引っ越してきました >>